10代 援交 プラトニック不倫

【10代 援交 プラトニック不倫】10代今週インタビューを失敗したのは、意外にも、現役でステルスマーケティングの派遣社員をしている五人の若者!
駆けつけたのは、援交メンズクラブで働くAさん10代、現役男子学生のBさん、芸術家のCさん、某芸能プロダクションに所属していたDさん、コメディアンを目指すEさんの五人です。
筆者「では始めに、取りかかるキッカケから聞いていきたいと思います。Aさんはお答えにならなくて結構です」
A(元メンキャバキャスト)「オレは、プラトニック不倫女心なんか興味なく気がついたら始めていました」
B(大学1回生)「うちは援交、荒稼ぎできなくてもいいと思いながら始めましたね」
C(芸術家)「ボクは、シンガーをやってるんですけど、長年やっているのに丸っきり稼げないんですよ。一流になる為にはささやかな所から着々と下積みしなきゃいけないんで、こんなバイトやりたくないのですが、ひとまずアンダーグラウンドな経験を重ねようと思って」

彼女の作り方!10代 援交 プラトニック不倫は遅れる

D(某タレント事務所所属)「小生は援交、○○って音楽プロダクションでピアニストを志しているんですが援交、一度のライブで500円ぽっちしか頂けないんで…先輩から紹介を受けたサクラのバイトをやむを得ずやってるんです」
E(若手コント芸人)「実のところ、うちもDさんと似たような感じで、コントやってたった一回数百円の極貧生活してるんです。先輩に教えていただいて、ステマの仕事を始めました」
意外にも、五人中三人ものメンバーが芸能プロダクションに所属しているという華々しいメンバーでした…、だがしかし話を聞き取っていくとどうやら、五人にはサクラ特有の喜びがあるようでした…。
筆者「最初に、みんなが出会い系サイトで女性を探すようになったきっかけをそれぞれインタビューしたいと思います。
メンバーを紹介すると、10代高校をやめてからというもの、五年間自室にこもっているA、サイドビジネスで暮らそうとあがいているB、小さいながらも芸能プロの指導を受けながら、アクション俳優になろうとしているCプラトニック不倫、すべての出会い系サイトを網羅すると自慢げな、ティッシュ配りのD、加えて、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
どの参加者も二十代はじめです。
A(普段は自宅から出ない)「俺は普段部屋でパソコンばかりしているんですが、ネットをしていたらすごいきれいな子がいて、向こうからアプローチくれたんですよ。そこであるサイトにユーザー登録したら、直接連絡取る方法教えるってことだったので、登録しましたね。それ以降は連絡が来なくなったんですよ。それでも、他にも女性はたくさんいたので出会えたので」

夏フェスで10代 援交 プラトニック不倫はうってつけ

B(転売に挑戦中)「始めはやっぱり、プラトニック不倫自分もメールを何回かして。女優みたいなルックスの人いて、一目ぼれでしたね。もっとよく知りたいからアカウント作って。そのサイトってのが、サクラが多いってひょうばんだったんですが、女性会員ともやり取りできたので、そのまま続けて使い続けています。
C(俳優になる訓練中)「私の場合、役作りの参考になるかなと思って始めましたね。出会い系サイトからないと生きていけないような役に当たって私も実際に使ってみました。
D(ティッシュ配りのバイト)「僕については、友人でハマっている人がいて10代、感化されて始めたって言う感じです」
忘れられないのが、5人目のEさん。
この人についてですが、大分特殊なケースでしたので、端的に言って取り立てて話すほどではないかと。

関連記事